Windows Server 2003 AD降格中にTAPIに関する警告が出力される

2016/01/20 Windows

win2003-tapi-warning
先日、Windows Server 2003 R2で構成されたWindowsドメインをWindows Server 2012に移行した際に発生した問題です。このようなケースは見たことが無かったので、恐らくレアケースだと思われますが、海外のサイトを見ると、同じ問題で困っているユーザーがいるようでしたので、備忘録として残しておきます。

スポンサーリンク

1.警告が出力された環境

Windows Server 2003 R2 SP2を利用しているドメイン環境で、FSMO及びフォレストドメインコントローラーであるドメインコントローラーを降格しようとdcpromoを実行した際に発生しました。
海外でのケースでも2003を2008や2012に移行する際に発生していましたので、2003でのドメインコントローラーで発生する可能性が高いように思われます。

具体的な内容としては、dcpromoのウィザード実行時に、先へ進もうとすると、「アプリケーションディレクトリパーティーション]の画面が表示されます。
パーティーション識別子としては DC=TAPI3Directory,DC=OurDomain,DC Microsoft TAPI Directory となっている。
先へ進めると、削除の確認が表示され、「このドメインコントローラーのアプリケーションディレクトリパーティーションを全て削除する」にチェック出来る画面が表示され、警告として、「アプリケーションパーティーションの最後のレプリカを削除すると、そのパーティーションに関連付けられたデータもすべて削除されます。」と表示されます。

2.TAPI3Directoryのディレクトリパーティーション

アプリケーションディレクトリパーティーションについては、マイクロソフトのサイト「アプリケーションディレクトリパーティーション」に詳細が記載されていますが、要約するとActive Directoryのディレクトリ内に含まれる、特定のアプリケーションが使うディレクトリのようです。特定のドメインコントローラーのみにレプリカされる特別な情報になります。
以下、マイクロソフトのサイトから引用。

アプリケーションとサービスは、アプリケーション ディレクトリ パーティションを使って、アプリケーション固有のデータを格納できます。アプリケーション ディレクトリ パーティションは、セキュリティ プリンシパルを除くどの種類のオブジェクトも格納できます。

今回、警告が出力されたTAPI は、アプリケーション ディレクトリ パーティションにアプリケーション固有のデータを格納するサービスで主にH323やテレフォニーに関する情報を含むためのアプリケーションディレクトリパーティーションのようです。

2-1.対応について

アプリケーションディレクトリパーティーションの削除については、基本的にアプリケーションに用意された削除手順や方法にて実施することが推奨されています。
TAPIについては、Microsoftのテレフォニーに関するサービスになりますが、アンインストールをGUIから行うことが出来ないため、コマンドを利用して手動で削除しました。次から具体的な手順について、説明します。

3.TAPIディレクトリの確認と削除

TAPIアプリケーションディレクトリパーティーションを削除するためには、システム管理者にTAPIパーティーションを利用していないことを確認します。
通常、利用している環境はそれほどないかと思いますので、ここでは利用していない前提で進めて行きます。

3-1.tapicfg show コマンドの実行

TAPIアプリケーションディレクトリパーティーションの確認はコマンドを利用して行います。コマンドプロンプトから

を実行することで、TAPIアプリケーションディレクトリパーティーションの情報が確認できます。ここで取得した情報はTAPIアプリケーションディレクトリパーティーションを削除する際に利用しますので、メモします。

3-2.TAPIディレクトリの削除

TAPIディレクトリの削除は確認時と同じく、コマンドプロンプトからtapicfgコマンドで行います。マイクロソフトのKB「TAPI アプリケーション ディレクトリ パーティションを削除する」では、このコマンドにremoveオプションを付与することで、削除できるという情報がありますが、弊社で確認したところ、removeオプションだけでは削除時にエラーが発生して実行できませんでした。

3-3.TAPIディレクトリの削除コマンド

TAPIディレクトリの削除は以下の書式にて行います。

例えば、tapicfg showコマンドで TAPI3Directory.testdom.local (Default) on domain controller 2003.testdom.localと結果が表示されドメインコントローラー名が2003.testdom.localの場合

と実行します。

削除に成功すると、成功した旨が画面に表示されます。確認のために tapicfg showコマンドを実行します。

TAPIのアプリケーションディレクトリパーティーションに関するが表示されないことを確認して、削除は完了です。

4.まとめ

Windows Server 2003からWindows Server 2012 R2へのマイグレーションは、昨年度の2003サポート終了に伴い、これから増えていくと思います。2003からのマイグレーションは、かなり手間のかかる作業であり、予想しなかったことが発生する場面も少なくありません。

TAPIディレクトリの警告も、そんな少なくない場面の一つです。
事前に検証をしっかりと行うことで、回避できる問題ですので、マイグレーションの際に本記事がお役に立てれば幸いです。

システムでお困りのお客様

もし、貴社で、

  • サポート切れのサーバやネットワーク機器の入れ替えをしたいが、どうしたらよいかわからない
  • サーバやネットワークの管理を行う社員がいないため困っている
  • 業務に利用している機器のセキュリティが大丈夫か心配
  • 機器の障害で、業務への影響が発生している
  • 社内の要望に対して、どのようなシステムを導入したらよいか解らない

など、サーバーやネットワーク、セキュリティでお悩みの方、新規のシステム導入を検討中の方。
多くのシステム構築を行い、成功させてきた実績をもつ弊社が、その問題を解決します。
お気軽にお問い合わせ頂き、貴社の問題解決にお役立てください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

Facebookでのご購読が便利です。

Twitter・Feedlyでもご購読できます。

Twitterでフォローする Feedlyでフォローする

関連する情報

windows2012-settings-11

Windows Server 2012 R2を利用する前に始める11の作業

以前の記事「Windows Server 2012 R2をインストールする手順」でセットアップし

vm-win2012-install

Windows Server 2012 R2をインストールする時の手順

前回の記事「VMware Workstation バージョン8 で Windows Server

vm-2012-guest

VMware Workstation 8 で Windows Server 2012 R2をゲストOSとして動作させる

先日、リリースされたばかりのWindows Server 2012 R2ですが、Windows

group-policy

Windows Server 2012 R2でグループポリシーを設定する

ここ最近、Active Directoryを構築する案件が増えています。 Active Dir

windows-wan-slow

Windowsを利用していてWAN越しのファイル共有が遅い場合の検討事項

先日、弊社のお客様より、インターネットVPN経由(WAN越し)でファイルサーバへアクセスした場合

win2008-sysprep-top

Windows Server 2008 R2で仮想マシンを初期化、sysprepの実行手順

仮想化環境(ここでは主にVMWare ESXiやマイクロソフトのHyper-Vなどのhyperv

ad-dsadd

CSVを利用してActive Directoryにユーザーを一括登録するコマンド

WindowsのActive Directoryに一括してユーザーを追加したい場合がありますよね

Windows-logon-logoff

グループポリシーとログオンスクリプトでログオン・ログオフ時間を記録する。

監査法人による監査や、クライアントの業務管理でActive Directory上のユーザーアカウ

vm-clone-sid

Windows Server 2012 R2でSysprepを実行してゲストOSを初期化してみる

仮想化環境(VMwareやHyper-V)にインストールしたゲストOSをソフトウェアの機能でクロ

hyper-v-unconnect

Windowsの仮想サーバ管理ツール、Hyper-VマネージャーからGuestOSに接続できない

少し前に、Windows2008(R2)のhyper-V上に作成した仮想マシンのGuestOSに

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク