Windows Server 2012 R2をインストールする時の手順

2016/03/30 Windows

vm-win2012-install
前回の記事「VMware Workstation バージョン8 で Windows Server 2012 R2をゲストOSとして動作させる」でVMwareにWindowsServer 2012 R2をインストールしたときのVMWare側の操作手順を書きました。
今回はWindows Server 2012 R2のインストール完了までを備忘録として残しておきます。R2といってもWindows Server 2008や Windows Server 2012と比較して手順は殆ど変りません。

スポンサーリンク


寧ろWindows Server 2008 R2よりもやや簡易になったようにも思います。大きく変更があったのは、主に操作面です。
Windows Server 2012 R2はアイコンやメニューなどGUIが今までのWindows Serverと比較して、大幅に変更されていますので、今までのWindows Serverと同じ感覚で操作すると、予想以上に戸惑います。現地でスムースに作業するためにも検証環境は必要ですね。

1.具体的なインストール手順

WindowsServer 2012 R2の具体的なインストール手順を紹介していきます。
インストール対象としては物理マシンではなく、VMware Workstation上に作成した仮想マシンへインストールを行っています。そのため物理マシンへの導入手順と、一部、異なる部分があるかもしれませんが、ご了承下さい。

1-1.DVD-Rからインストーラーのboot

OSメディアに関しては事前にDVDで用意している前提で進めます。
光学ドライブにOSの入ったメディアを入れて、サーバをブートします。
インストールが始まらない場合は、BIOSでブート手順を確認してください。
2012-install-1ファイルが読み込まれた後、セットアップ画面が開きます。

この部分は、基本的に設定変更をする必要はありません。
[次へ]をクリックすると継続します。
2012-install-02

[今すぐインストール]をクリックします。

2012-install-03

インストール(セットアップ)が始まります。
2012-install-04

暫くすると、[Windows セットアップ]画面が開きます。

1-2.プロダクトキーの入力

OSのプロダクトキーを入力します。
2012-install-05

1-3.インストールするOSの選択

インストールするオペレーティングシステムを選択します。
WindowsServer 2012しかありません。Server Coreを利用している環境はまだみたことないので、ここは素直にGUIにしておきます。
統合メディアを利用している場合は、複数のOSが出てくるかもしれません。
2012-install-06

1-4.ライセンス条項への同意

おなじみライセンス条項への同意。
同意しないと先へ進めません。素直に同意します。
2012-install-07

1-5.インストールの種類を選択

インストール種類の選択をします。アップグレードではなく、新規のインストールなので、[カスタム]を選択します。
2012-install-08

1-6.インストール場所の選択

インストール先のドライブを選択します。選択して[次へ]をクリックするとインストールが始まります。
2012-install-09
2012-install-10

1-7.Administratorパスワードの設定

何度か再起動してデバイスの準備が完了すると、設定画面が表示されます。
設定内容はAdministratorのパスワードのみです。
2012-install-11
2012-install-12
もう少しで完了しますと教えてくれます。
2012-install-13

1-8.インストールの完了

インストールが完了すると、ログイン画面になります。
R2ですが、2012と殆ど変りません。
2012-install-13

2.インストールしたOSへのログイン

項目7で設定したパスワードで管理者としてログインできます。
2012-install-14
ログインが完了するとデスクトップが表示されます。
2012-install-15
ここまででインストールは完了です。お疲れ様でした。
この後、必要に応じてパッチを適用したり、セキュリティ設定を行います。
インストール後に行う手順は「Windows server 2012 R2を利用する前に始める10の作業」を参照してください。

システムでお困りのお客様

もし、貴社で、

  • サポート切れのサーバやネットワーク機器の入れ替えをしたいが、どうしたらよいかわからない
  • サーバやネットワークの管理を行う社員がいないため困っている
  • 業務に利用している機器のセキュリティが大丈夫か心配
  • 機器の障害で、業務への影響が発生している
  • 社内の要望に対して、どのようなシステムを導入したらよいか解らない

など、サーバーやネットワーク、セキュリティでお悩みの方、新規のシステム導入を検討中の方。
多くのシステム構築を行い、成功させてきた実績をもつ弊社が、その問題を解決します。
お気軽にお問い合わせ頂き、貴社の問題解決にお役立てください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

Facebookでのご購読が便利です。

Twitter・Feedlyでもご購読できます。

Twitterでフォローする Feedlyでフォローする

関連する情報

hyper-v-unconnect

Windowsの仮想サーバ管理ツール、Hyper-VマネージャーからGuestOSに接続できない

少し前に、Windows2008(R2)のhyper-V上に作成した仮想マシンのGuestOSに

win2003-tapi-warning

Windows Server 2003 AD降格中にTAPIに関する警告が出力される

先日、Windows Server 2003 R2で構成されたWindowsドメインをWindo

ad-dsadd

CSVを利用してActive Directoryにユーザーを一括登録するコマンド

WindowsのActive Directoryに一括してユーザーを追加したい場合がありますよね

group-policy

Windows Server 2012 R2でグループポリシーを設定する

ここ最近、Active Directoryを構築する案件が増えています。 Active Dir

win2008-sysprep-top

Windows Server 2008 R2で仮想マシンを初期化、sysprepの実行手順

仮想化環境(ここでは主にVMWare ESXiやマイクロソフトのHyper-Vなどのhyperv

windows2012-settings-11

Windows Server 2012 R2を利用する前に始める11の作業

以前の記事「Windows Server 2012 R2をインストールする手順」でセットアップし

vm-clone-sid

Windows Server 2012 R2でSysprepを実行してゲストOSを初期化してみる

仮想化環境(VMwareやHyper-V)にインストールしたゲストOSをソフトウェアの機能でクロ

numlock-unlock-problem

ノートPCを起動時にnumlockが有効になってしまう場合の対処

先日、少し変わったことがノートPCで発生しました。 WindowsXPのノートPCですが、起動

windows-wan-slow

Windowsを利用していてWAN越しのファイル共有が遅い場合の検討事項

先日、弊社のお客様より、インターネットVPN経由(WAN越し)でファイルサーバへアクセスした場合

dns-reverse

Active Directoryをインストールした後に、必要なDNSの逆引きを設定する

「Windows Server 2012 R2へActive Directoryをインストール・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク