「 サーバー構築 」 関連記事 一覧

Linux Debian 9.9 stretchをインストールする。Linux初心者にもお勧めのOSです。

LinuxディストリビューションでもDebian(デビアン)を利用している環境はあまり見かけたことがありません。弊社では少し前までDeb

Windows Server 2016のActive Directory環境でDHCPサーバー機能をセットアップする。

以前の記事でWindows Server 2019のDHCPサーバー構築手順を紹介しましたが、今回はWindows Server 201

CentOS 7でコンテナ型仮想化を利用する。Dockerのインストールと基本的な操作の紹介

最近のサーバー構築全般に言えることですが、物理的なサーバーやネットワーク機器を構築することが少なくなってきました。理由としてはシステムの

CentOS 7でDHCPサーバーを構築する。古いPCや老朽化したサーバーの再利用にお勧めです。

前回の記事ではActive Directory環境でのWindowsによるDHCPサーバーの構築手順を紹介しました。 >「Window

Windows Server 2019 Active Directory環境のDHCPサーバー構築手順を紹介。

今回はWindows Server 2019でのDHCPサーバー構築手順を紹介します。Windows ServerでActive Dir

Redhat Enterprise Linux 8.0をインストールする。最新の商用Liunx導入手順を紹介。

今年(2019年)の5月7日に商用Linuxディストリビューション、Redhat Enterprise Linuxの最新リリースである8

Windows Server 2019でAzure Backupを利用する。バックアップスケジュール設定とリストア手順の紹介。

前回の記事でMicrosoft Azure Backup(以下Azure Backup)を利用するためにAzure側の設定とオンプレミス

Windows Server 2019でAzure Backupを設定、Azureのバックアップ環境を構築する。

Azure BackupはマイクロソフトのクラウドサービスであるAzureを利用したバックアップサービスです。2019年6月現在、Azu

Windows Server 2019でWindowsシステムの一元管理。無償のツール Windows Admin Center をセットアップする。

マイクロソフトの最新サーバーOSであるWindows Server 2019をインストール・ログオンすると、見慣れないダイアログが表示さ

Windows Server 2019でシステムの初期化を行う。Sysprepの実行手順を紹介。

システムを物理層ではなくソフトウェア上で動作させるVMWareやマイクロソフトのHyper-Vなどの仮想環境を構築することが多いこのとこ

Windows Server 2019でActive Directoryセットアップ後に設定するDNSのお勧め項目

Windows Server 2019でのActive Diretory構築手順を紹介した前回の記事 >「Windows Server

CentOSで安全性の高いSSH公開鍵認証を設定する。Windowsクライアントの場合

Linux系のサーバーOSへリモートログインするためにSSHを利用している環境は多いと思います。最近ではtelnetのように平文で通信す

Windows Server 2019でActive Directoryをセットアップする、最新サーバーOSでの手順を紹介。

本ブログでは以前の記事でWindows Server 2019のセットアップに関する記事 >「Windows Server 2019

Windows Server 2019 のインストール、最新WindowsサーバーOSの導入手順を紹介。

Windowsのサーバー製品であるWindows Serverも、ついにバージョンが2019になりました。 2018年の10月にリリー

CentOSでメールサーバーを構築。DKIMで迷惑メールと識別されないメールサーバーに。(メールサーバー 4)

構築したメールサーバーから送信したメールが迷惑メールとして識別されたことはありませんか? このような場合は、送信したメールが経由するメ

CentOS7のSambaでActive Directoryを設定する。Windows Server と同等のActive Directory環境を構築。(Samba 4.9系)

前回の記事でSambaでのActive Directory構築手順を紹介しました。そのSambaですが、2018年10月現在、Samba

CentOSでメールサーバーを構築。Let’s EncryptでSSL/TLSを設定して安全な通信を行う。(メールサーバー構築 3)

前回の記事ではメールサーバーとしての基本的な機能である送信(SMTP)と受信(POP3/IMAP)を行うことが出来るように設定を行いまし

CentOSでメールサーバーを構築。Postfix/Dovecotでメールの送受信を行う(メールサーバー構築 2)

前回の記事ではCentOSにインストールしたPostfixでメールを送信できるようにするところまでの設定手順を紹介しました。今回は同じ環

CentOSとpostfixで送信専用のメールサーバーを構築する。(メールサーバー構築 1)

最近ではクラウドでのSaaSによるメールサービス(例えばGoogleのG SuiteやMicrosoftのOffice365など)が一般

CentOS7をWindowsドメインに追加する。Active Directoryで管理の手間を軽減。

Linuxサーバーのユーザー管理をActive Directoryで行いたい。LinuxとWindowsの混在環境なら、一度は考えると思

CentOS7で構築したSambaサーバーをActive Directoryのドメインへ参加する手順

Sambaサーバーの基本的なインストールが完了して運用を始めると、WindowsとSambaサーバーで両方のユーザーを管理手間が気になる

centosのnginxでHTTP/2通信を設定する。HTTP通信の効率化でサイト表示速度を向上。

nginxに関する前回の記事 「ウェブサイトを爆速に!nginxのFastCGIキャッシュで100倍以上の処理速度を」 でnginx

ウェブサイトを爆速に!nginxのFastCGIキャッシュで100倍以上の処理速度を(centos)

前回の記事 >「nginxでPHPの処理速度を簡単にアップする、OPcacheとAPCuのインストール。」 でnginxの環境にPH

nginx環境へWordPressをインストールする時の注意点。パーマリンクの設定に気を付ける。

今までの記事でウェブサーバーであるnginx(エンジンエックス)の導入や関連する設定について紹介してきました。今回の記事ではnginxの

CentOS 7のnginxでSSLを設定。Let’s Encryptで安全なウェブサイトを構築する。

前回の記事「CentOS7のnginxでPHP7を利用する。最短でPHP7系の環境を構築する手順。」でnginxの設定とphpの導入まで

  • スポンサーリンク