CentOSでセキュアなメールサーバーを構築する

mailserver-settings-tag-top

CentOS 7でメールサーバーを構築する手順を段階的に説明しています。
まずメール送信プログラム(MTAと呼ばれます)「Postfix」を使った送信専用のメールサーバーから構築を行い、次にメールの受信ができるように受信用プログラム「Dovecot」のインストールと設定していきます。

最終的には安全性を考えてSSLを利用した送受信とDKIM/SPFによる迷惑メールと判定されないサーバーを構築できるように詳しく説明しています。

メールサーバーを構築することでメール配送の流れや、配送時のトラブルシューティングに役立ちます。 是非、CentOSをインストールしてメールサーバーを構築してみて下さい。

centos-postfix-dkim-top

CentOS Postfix

CentOSのPostfixで迷惑メール判定されないようDKIMを設定する

構築したメールサーバーから送信したメールが迷惑メールとして識別されたことはありませんか? このような場合は、送信したメールが経由するメールサーバーのなりすましメール対策に引っかかっている場合が殆どです ...

centos-postfix-dovecot-ssl-top

CentOS Dovecot Postfix

CentOSのPostfixとDovecotにSSLを設定して安全に通信を行う

前回の記事ではメールサーバーとしての基本的な機能である送信(SMTP)と受信(POP3/IMAP)を行うことが出来るように設定を行いました。 この状態でも運用には問題ありませんが、メールサーバーとクラ ...

mail-postfix-top

CentOS Dovecot Postfix

CentOSのPostfixとDovecotで送受信ができるメールサーバーを構築

前回の記事ではCentOSにインストールしたPostfixでメールを送信できるようにするところまでの設定手順を紹介しました。今回は同じ環境を使ってメールの送信と受信ができるところまでの設定手順を紹介し ...

centos-postfix-setting-top

CentOS Postfix

CentOSとPostfixを使って送信専用のメールサーバーを構築する方法

最近ではクラウドでのSaaSによるメールサービス(GoogleのG SuiteやMicrosoftのOffice365など)が一般的になり、以前ほどメールサーバーを構築する機会も少なりましたが、この辺 ...

Copyright© レムシステム エンジニアブログ , 2019 All Rights Reserved.