Amazon ec2 (aws ec2) 上のLinuxへMySQLをインストール

2016/02/03 AmazonEC2, クラウドサービス

ec2-mysql-install
以前の記事「Amazon aws EC2上のRedhat Enterprise Linuxへapacheをインストールして公開してみる。」「Amazon ec2 (aws) 上のRedhat Enterprise LinuxへPHPをインストールしてみる」で、apacheとphpまでインストールが終わりました。
後はデータベースをインストールして、基本的な設定を完了するとwordpressが利用できるようになります。
今回はその一歩前、データベースとしてMySQLをインストールしてみます。

スポンサーリンク

自前のサーバでblogを作成すると、障害にも強くなりますし、カスタマイズも自由にできます。
仮想サイトを作成すれば、いくつでもblogの公開ができますし、テスト環境もなんかも作ることができますので、やっぱり自前のサーバでwordpressを動かすのがお勧めです。

1.MySQLインストール手順

前回と同じく、今回もパッケージを利用してインストールを行います。
チューニングや、細かいインストールオプションを利用する場合はソースからのコンパイル・インストールもいいんですが、目標はwordpressを使うことですので、ここではあまり手を掛けずに、インストールしていきます。インストールに使うコマンドはおなじみのyum。

1-1.インストールするパッケージ名の確認

MySQLもphpと同じように複数のパッケージがあります。
まずはインストールするパッケージを確認します。
コマンドを入力して、MySQLの関連パッケージの一覧を確認。

これまた多いんですが、全てインストールする必要はありません。
表示されたMySQL関連パッケージから必要だと思われるものをインストールしていきます。
今回はphpに関連するモジュールと、MySQL本体、開発ツールをインストールします。
具体的なパッケージ名は

  • mysql-server (データベースサーバ本体)
  • mysql-devel (データベース開発ツール)
  • mysql-libs (データベースライブラリ群)
  • php-mysql (PHP用モジュール)

です。

1-2.MySQLのインストール

インストールするパッケージ名が確認できましたので、インストールを実行します。
yumコマンドでインストールを行います。

Complete!と表示されれば、インストールは完了です。
パッケージでのインストールは本当に手軽です。

2.インストール後の確認

MySQLパッケージが正常にインストールされているかを確認します。
rpmコマンドでmysqlのパッケージが表示されれば、正常にインストールは完了しています。

3.MySQLの起動

パッケージが表示され、インストールが確認できたら、MySQLサーバを起動します。
起動用スクリプト(/etc/init.d/mysqld)が自動で作成されていますので、これを使って起動します。

Starting mysqld OKと表示されればmysqlは起動しています。
ちょっと警告が表示されていますが、ホスト名の名前引きができないという内容です。
ここでは無視しても大丈夫です。運用時までには修正が必要です。
起動後、プロセスが起動していること、TCPポートが待ち受けしていることを確認します。

3-1.プロセスの確認

mysqld~がコマンドの結果として表示されれば、プロセスは起動しています。

3-2.ポートの確認

3306が表示されれば、ポートの待ち受け確認は完了です。

4.データベース管理者のパスワード変更

最低限のセキュリティとしてデーターベース管理者のパスワードを変更します。

newpasswordの部分に任意のパスワードを設定します。
出来る限り複雑なパスワードを設定することをお勧めします。
パスワードが設定できるとプロンプトへ戻ります。
先ほど設定したパスワード使って、データベースへのログインを確認します。

Enter password:にパスワードを入力します。入力してもパスワードは表示されません。
認証が通ると、以下のメッセージが表示されます。

データベースを確認します。

作成されているデータベースが表示されます。
wordpressをインストールするときは、ここに専用のデータベースとユーザーを作成します。
ログインができることが目的ですので、ここまでできれば、データベースの操作から抜けます。

通常のプロンプト# に戻ります。
MySQLはこれでインストールが完了です。
ここまでで、LAMP (linux,apache,MySQL,php)環境ができました。
次回はwordpressをインストールする前に行っておく、基本的な設定について紹介したいと思います。
あとちょっとですね。

システムでお困りのお客様

もし、貴社で、

  • サポート切れのサーバやネットワーク機器の入れ替えをしたいが、どうしたらよいかわからない
  • サーバやネットワークの管理を行う社員がいないため困っている
  • 業務に利用している機器のセキュリティが大丈夫か心配
  • 機器の障害で、業務への影響が発生している
  • 社内の要望に対して、どのようなシステムを導入したらよいか解らない

など、サーバーやネットワーク、セキュリティでお悩みの方、新規のシステム導入を検討中の方。
多くのシステム構築を行い、成功させてきた実績をもつ弊社が、その問題を解決します。
お気軽にお問い合わせ頂き、貴社の問題解決にお役立てください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

Facebookでのご購読が便利です。

Twitter・Feedlyでもご購読できます。

Twitterでフォローする Feedlyでフォローする

関連する情報

amazon-aws

Amazon aws (Amazon Web Service) の評価環境作成 EC2の場合

ここ最近、物理サーバ導入のお話がめっきり少なく...変わりにクラウドサービスを利用したサーバ構築

aws-wp-install

Amazon ec2 (aws ec2) のLinuxへwordpressをインストール

今までapache、php、MySQLのインストールをec2上のRHELへ行いました。(この環境

ec2-php-install

Amazon ec2 (aws ec2) 上のLinuxへPHPをインストールしてみる

前回の記事「amazon ec2上のRedhat Enterprise Linuxへapache

ec2-install-apache

amazon ec2上のRedhat Enterprise Linuxへapacheをインストールして公開してみる。

先日、amazon ec2上にRedhat Enterprise Linux (ver6.4/x

vpn-azure-connect

Azure VPN を設定、新ポータルからの設定手順。サイト間接続の場合

Microsoftのクラウドサービス、Azureには、オンプレミスの環境(物理的な拠点)とVPN

office365-dns-settings

Office365導入前に必要なネームサーバ(bind)を設定する

ここ最近、少し訳あって、Office365を利用しています。 自社内にExchangeサーバを

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク