ネットワーク

Fortigateのファームウェアをv4.0からv5.0へアップグレードする手順

2013年12月19日

fortigate-firmware-upgrade-thum

Fortigateのファームウェアv4.0は2014年3月でEOLを迎えます。(ファームウェアのサポートが終了。)
v4.0系ファームウェアの場合、メーカーによるサポートを受けることが出来なくなるため、v5.0系のファームウェアへ更新する作業が、多く発生すると思います。このファームウェアの更新ですが、出来る限り、機器の設定を継承して行いたい場合が殆どです。

既存の設定を可能な限り変更せずに、ファームウェアのバージョンアップを実施する場合、段階的な更新が必要になります。
具体的にはv4.0系を利用している前提で、v4.0のbuildをv5.0に近いものまでバージョンアップ、その後v5.0までバージョンアップすることにより、設定を継承したままv5.0へのバージョンアップが可能です。今回の記事ではv4.0系からv5.0へのバージョンアップを行う際の、必要となるファームウェアを紹介します。

1. fortiOS v4.0からv5.0へのアップグレードパス

ファームウェアのバージョンアップについては、利用しているバージョンによって、アップグレードパスが異なります。参考までにv4.0 MR3 patch7[build535]からの段階的なアップグレードパスを書いておきます
・v4.0 MR3 Patch7[build535]
   ↓
・v4.0 MR3 Patch11[build646]
   ↓
・v4.0 MR3 Patch12[build656]
   ↓
・v4.0 MR3 Patch14[build665]
   ↓
・v5.0 Patch4[build228]

上記の通りにファームウェアを更新します。
これ以外については、メーカーサポートへ確認の必要があります。

2. fortiOSのダウングレード

更新したファームウェアをなんらかの理由でダウングレードする場合は、アップグレードと同じ手順で、WEBGUIから戻したい旧のファームウェアをuploadして、更新することで可能です。


レムシステムでは、ブログで紹介した設定ができない場合や、利用中のサーバー・ネットワークについての相談を受け付けています。利用中のシステムやセットアップでお困りの点がございましたら、お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ

メールフォームからシステムの
知りたいことや問題点をお問い合わせ

メールで問い合わせる

電話でのお問い合わせ

電話でお気軽にお問い合わせください
(受付時間:平日10:00〜18:00)

053-525-7357

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
レムシステム

小村定

SIerでIT系インフラの設計と構築を経験したのちに独立、「レムシステム株式会社」を設立する。インフラ系エンジニア歴20年の経験を活かしてITに関わる課題解決や効率化に取り組む日々を送っている。

Copyright© レムシステム エンジニアブログ , 2019 All Rights Reserved.