ノートPCを起動時にnumlockが有効になってしまう場合の対処

2015/12/25 Windows

numlock-unlock-problem
先日、少し変わったことがノートPCで発生しました。
WindowsXPのノートPCですが、起動後、ログインしようとアカウント名とパスワードを入力しようとすると
キーボードから異なる文字が入力されてしまいます。
どうも、起動後にnumlockが有効になってしまい、該当する部分のキーボードを押すと数字が入力されます。
試しにnumlockを解除してみると、正常に動作します。
numlock解除後、OSを再起動すると、またもやnumlockが有効になってしまう。
BIOSの設定変更を行ったわけでもなく、なぜか突然このようになってしまいました。
不思議な現象だと思い、原因と対策を調べてみました。
意外な盲点で、このような設定に変更されてしまっていました。

スポンサーリンク

1.numlockが有効になってしまう原因

numlockは前日にある作業を行った一部のPCのみが有効になっている状態で、殆どのノートPCは正常に動作しています。
一部のPCとその他PCの差異を考えると、大凡の原因がわかってきました。
numlockが有効になってしまっているPCは、離れた拠点にあり、前日の作業時にリモートデスクトップで接続して、作業を行いました。
numlockが有効になっているのは、リモート接続を行ったPCに限られます。
そこで更に調べると、恐らく原因だと思われる内容がわかりました。
リモート接続先はノートPCですが、リモート接続元はフルキーボード(106)のため、リモートデスクトップ接続を行った際に、フルキーボードとして、ノートPC側が設定されてしまったようです。
原因がわかるとなんてことはないのですが、悩ましいところですよね。

2.numlockの解除方法(レジストリ)

numlockの解除はレジストリを設定変更することで可能なようです。
regedit.exeを起動します。
regedit

スポンサーリンク

以下のキーを確認します。
HKEY_USER\.DEFAULT\Control Panel\keyboard
registry
InitialKeyboard~が2になっている場合、OS起動時にnumlockが有効になってしまいます。
ここに0を設定することで、numlockが有効になりません。
早速0を設定して、OSを再起動してみました。
結果は解除されていませんでした。
レジストリを見ると、該当するキーが2に戻っています。
再度、同じキーを設定変更して、再起動しても、必ず2に戻ってしまいます。
ここまで設定をしてみて、もしかして何らかのアプリケーションがnumlockを有効にしているのでは..とアタリをつけました。
キーボード関連のソフトウェアを見直していると、該当するアプリケーションがありました。

3.numlockの解除方法(スクリーンキーボード)

アクセサリとしてインストールされているスクリーンキーボードをクリックすると、numlockが有効になっています。
[プログラム][アクセサリ][ユーザー補助]の順に展開していくとスクリーンキーボードがあります。
screen-keyboard
この設定がレジストリを元に戻していた原因だと考え、スクリーンキーボードのnumlockを解除しました。
その後、再起動すると、numlockが解除されていました。
盲点ですが、フルキーボードのPCからノートPCへターミナルサービスで接続した際に、スクリーンキーボードが有効になってしまうようです。
もし、同じような症状になってしまった場合は、スクリーンキーボードの設定を確認していただくことで、正常な動作になる可能性があります。
スクリーンキーボードで修正ができない場合は併せてレジストリを変更して、再起動していただくと、解決するかと思います。

関連する記事


Facebookでのご購読が便利です。

Twitter・Feedlyでもご購読できます。

Twitterでフォローする Feedlyでフォローする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク