Windows Server 2016をインストール 最新OSの導入手順を確認する

2018/07/11 Windows, サーバー構築

win2016-top
Windowsのサーバー製品であるWindows Serverも2012の購入が難しくなり、メインストームは徐々に次バージョンのWindows Server 2016に移りつつあります。
最近ではAzureなどのパブリッククラウド環境を利用することが多くなり、OSのインストールを行うということ自体も少なくなりつつあるように感じていますが、まだまだオンプレミス環境での利用も多いことからこの辺りで、Windows Server 2016のインストールを記事にしてみたいと思いました。
実際には、それ程の手間なくインストールを完了することができますが、幾つかのポイントがありますのでその辺りに注意しつつ、Server Core(CLIのみの環境)とデスクトップエクスペリエンス(今までのWindows GUI環境)の両方でインストールを行ってみましたので、手順を紹介します。
前OSバージョンのWindows Server 2012 R2については、記事
>「Windows Server 2012 R2をインストールする時の手順」
で詳細なインストール手順を紹介しています。Windows Server 2012の構築方法を探している場合はこちらの記事を参照下さい。

スポンサーリンク

1.Windows Server 2016インストールの環境と概要

Windows Server 2016にはいくつかのエディションが用意されています。
大きく以下のような用途とエディション名になります。

  • 仮想化環境向けの「Datacenter]
  • 仮想化環境として、やや小さめの規模向け [Standard]
  • 中小企業向けに25接続ライセンス(ユーザーライセンスの場合)が付与された [Foundation]

機能面や、ライセンスについて各エディションで異なりますが、ここでは詳細は割愛します。
本記事では、インストールに一般的なエディションである [Standard] を利用します。
インストールするWindowsの詳細なバージョンは 1607 (OSビルド 14393.0)になります。(2016/9のもの)
※インストール後にWindows Update (2018年2月)を実行することで、OSビルドは 14393.2068 に変更されます。
win2016-ver
それでは、セットアップの手順を紹介していきます。

2.Windows Server 2016 の具体的なインストール

ここから具体的なインストール手順を記載していきます。
それ程、難しい手順はなく、Windows10をご自身でインストールした経験があれば、躓くところもないかと思います。

2-1.OSインストーラーの起動

インストールメディアから、OSのインストーラーを起動します。
win2016-2-1
インストーラーが起動しない場合は、OSやEFIの設定を確認してください。
インストールメディアがセットされたデバイスから起動するように変更することで、インストーラーが起動するようになります。正常に起動すると、ここ最近のWindowsではお馴染みのWindowsアイコンと、ロード状況を示すドットがクルクルと回転する画面が表示されます。

2-2.Windowsセットアップ画面での選択

インストーラーが起動すると、[Windows セットアップ]画面が表示されます。
win2016-2-2
ここでは、インストールの際に必要となる情報をドロップリストから選択します。といっても多くの項目はなく、選択が必要となる項目は

  • インストールする言語
  • 時刻と通貨の形式
  • キーボードまたは入力方式
  • キーボードの種類

だけになります。基本的に、日本語環境で利用される場合はデフォルトで問題ありません。
今回は、各項目について

  • インストールする言語 [日本語(日本)]
  • 時刻と通貨の形式 [日本語(日本)]
  • キーボードまたは入力方式 [Microsoft IME]
  • キーボードの種類 [日本語キーボード(106/109キー)]

を選択しています。(デフォルトから変更なし)全項目を選択後、[次へ]で先へ進めます。

2-3.インストールの開始

ここでは、選択肢として[今すぐインストール]以外にはありませんので、クリックして先へ進めます。※厳密には[コンピューターを修復する]も選択できますが、障害時のサーバーを復旧させるための機能になりますので、ここでは割愛しています。
win2016-2-3
[今すぐインストール]をクリックすると、[セットアップを始めています」というメッセージが出力されインストールが開始されます。
win2016-2-3-2

2-4.ライセンス認証

Windowsのライセンス認証として、プロダクトキーが要求されます。
win2016-2-4
事前に用意したプロダクトキーを入力して [次へ] で先へ進めます。

2-5.インストールするWindowsの種類を選択する。

使用したメディアでは、二種類のWindowsがインストールの選択肢として表示されます。
win2016-2-5
選択肢は

  • Windows Server 2016 Standard
  • Windows Server 2016(デスクトップエクスペリエンス)

です。
今まで通りにGUIが利用できるWindows Serverをインストールする場合は、[デスクトップエクスペリエンス]を
選択します。最小限のインストールとして、CLIのみでWindowsを管理したい場合は、[Windows Server 2016 Standard]を選択します。
CLIのみでのインストールはServer Coreと呼ばれるものになります。Windowsのコマンドに精通していないと、利用しにくいこともあり、ここでは[デスクトップエクスペリエンス]を選択してインストールを進めます。(注意:GUIを利用したい場合は、必ずデスクトップエクスペリエンスを選択して下さい。)
※後程、Server Coreを選択した場合の手順も紹介します。

2-6.ライセンス条項への同意画面

Windowsを利用する上で、同意が必要なライセンス条項が表示されます。
win2016-2-6
同意しないと先へ進めませんので、[同意します]にチェックをいれ[次へ]で先へ進めます。

2-7.インストールの種類を選択する

Windowsをインストールするための種類を選択します。ちょっとわかりにくい表現ですが、既存の環境をアップグレードするか、新規にクリーンインストールを行うかを選択します。
win2016-2-7
ここでは新規でのクリーンインストールを前提としておりますので、[カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)]を選択します。

2-8.Windowsをインストールするドライブを選択する

新規にWindowsをインストールする先を選択します。
本環境では、内蔵のHDDに新規にインストールします。表示されているドライブを選択して、[次へ]で先へ進めます。
win2016-2-8
ドライブにデータが入っている場合、ディスクのフォーマットが必要になりますので、その場合は[フォーマット]を選択して、事前にフォーマットを行った上で、ディスクを選択します。

スポンサーリンク

2-9.Windowsのインストール開始

選択したディスクにWindowsのファイルがコピーされて、インストールが開始されます。
win2016-2-9
進捗は、環境によりますが20~30分程度の時間が掛かります。

2-10.Windowsの再起動

項目2-9.で開始されたWindowsのインストールが完了すると、再起動が必要になる旨、画面に表示されます。
時間が経過すると、自動的に再起動されますが、早く再起動を行いたい場合には[今すぐ再起動]をクリックして再起動を行います。
win2016-2-10

3.Windows Server 2016 インストール後の手順

項目2.でインストールまでを完了しました。ここからはインストール後に必要となる手順について紹介していきます。

3-1.設定のカスタマイズ

Windowsの再起動が開始されると、起動シーケンスで、必要な自動処理が開始されます。
起動後に、設定のカスタマイズ画面が表示されます。ここでの設定は管理者ユーザー (Administrator)に対して
パスワードを設定するものになります。任意のパスワードを入力して、[完了]をクリックします。
win2016-3-1

3-1-1.Server Core環境の場合

Server Core環境を選択している場合、カスタマイズ画面はCLIになります。
CLIの場合でも、設定する項目は同じで、Administratorのパスワードを変更する必要があります。
win2016-3-1-1
任意のパスワードを設定します。パスワードを変更されると、[パスワードは変更されました。]と表示されますので[OK]を選択して、先へ進めます。
win2016-3-1-3

3-2.インストール後の設定完了

Windows10でお馴染みの画面が表示されます。
win2016-3-2
Windows Server 2016のインストールはこれで完了になります。
初回のログイン時のみ、自動処理でやや時間がかかりますが、ログインすると、ほぼWindows10と同様のデスクトップが展開されます。後はお好みで設定を行っていきます。
win2016-3-3

Server Core環境の場合は、コマンドプロンプトが表示されます。
win2016-3-2-3

4.Windows Updateの実行

インストール後に、最新のOSビルドまでアップデートを行いました。本記事は2018年の2月に書いていますので、その時点での最新ビルドまでアップデートを行います。

4-1.Windows Update設定画面の表示

Windows Server 2016のWindows Updateは、2012までと異なり、コントロールパネルに表示されません。2016でWindows Updateを設定するには、左下のWindowsアイコンをクリックして表示される、設定アイコンを左クリック。
win2016-4-1
表示された[Windowsの設定]画面から[更新とセキュリティ]をクリックすることで設定画面へ移行できます。
win2016-4-1-2
2018-02-09_11h46_38

4-2.Windows Updateの適用

Windows Updateで更新プログラムを適用します。更新プログラムのダウンロードはインターネットへ接続している状態では自動的に始まります。[インストールの準備ができました]と表示されていれば[今すぐインストール]をクリックすることで、更新が始まります。
win2016-4-2-1
インストールが完了すると、更新の履歴に完了したプログラムが表示されます。2度の更新を完了して、ビルドが最新になったことを確認して、Windows Updateは完了です。
win2016-4-2-2
OSビルドが14393.2035に変わっていることが確認できます。
win2016-4-2-3

※2018年2月追記
2018年2月に最新の累積更新プログラム (2018-02 X64ベースシステム用 Windows Server 2016の累積更新プログラム KB4974590)が配信されました。このプログラムを適用すると、OSビルドが14393.2068に変更されます。
win2016-inst-4-2-3

5.まとめ

Windowsの最新サーバーOSであるWindows Server 2016をインストールする手順を紹介しました。
手順としては、それ程難しい部分はなく、ほぼWindows10と同様の手順でインストールを完了することができます。
気を付けるポイントとしては、Server Core環境とデスクトップエクスペリエンスの選択肢が分かりにくく(手順2-5.)、デフォルトだとServer Core環境をインストールしてしまうことになります。
今までのWindows Serverと同様にGUIを利用したい場合は、[デスクトップエクスペリエンス]を選択して、インストールを行って下さい。
それ以外は、スムーズにセットアップを完了することができるかと思います。評価版などを利用して、是非、インストールして使ってみてください。インストールした環境を、より使いやすくするお勧めの設定を、記事
>「Windows Server 2016のインストール後にお勧めの設定11項目」
で紹介しています。また構築した環境へ、Windows Serverの目玉機能であるActive Directoryを導入する手順を、記事
「Windows Server 2016 で Active Directoryを習得する。導入と設定手順を紹介」
で紹介しています。こちらも併せて参考にしていただければ幸いです。

関連する記事


システムでお困りのお客様

もし、貴社で、

  • サポート切れのサーバやネットワーク機器の入れ替えをしたいが、どうしたらよいかわからない
  • サーバやネットワークの管理を行う社員がいないため困っている
  • 業務に利用している機器のセキュリティが大丈夫か心配
  • 機器の障害で、業務への影響が発生している
  • 社内の要望に対して、どのようなシステムを導入したらよいか解らない

など、サーバーやネットワーク、セキュリティでお悩みの方、新規のシステム導入を検討中の方。
多くのシステム構築を行い、成功させてきた実績をもつ弊社が、その問題を解決します。
お気軽にお問い合わせ頂き、貴社の問題解決にお役立てください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

Facebookでのご購読が便利です。

Twitter・Feedlyでもご購読できます。

Twitterでフォローする Feedlyでフォローする

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • スポンサーリンク